保険の特約による保障対象の期間の異なりについて

保険の特約による保障対象の期間の異なりについて、例えば同じ疾病と診断されても、保険会社によって保障の適用期間は異なります。
この期間は、特定の状態が60日間継続した場合、あるいは90日間継続した場合など、さまざまです。
ですから、具体的な状況で保障の対象となるかどうかを事前に確認し、必要ならば特約を付けることが重要です。
団信の保険料に関する詳細は、毎月の住宅ローンの返済額に含まれています。
ですが、特約による保険料は金利に上乗せされます。
例えば、年1.0%の住宅ローンの金利に特約を加えたい場合、+0.3%が上乗せされ、毎月の返済する金利は年1.3%となります。
また、一部の金融機関では、特約分の上乗せ金利を無料とするキャンペーンを実施しています。
参考ページ:団体 信用 生命 保険 保険 料はいくらなの?誰が保険料を支払うのか解説
この場合でも、先ほどの例で言えば、元々の住宅ローン金利が他の金融機関と比べて高くないか、特約の内容が妥当であるかを確認する必要があります。
フラット35を利用する場合も、他の金融機関と同様に、新機構団信のついた金利を適用できます。
ただし、団信に加入しなくてもフラット35を利用することは可能で、その場合の金利は通常のフラット35の金利から-0.2%となります。
特約をつけることで金利が0.3%上乗せされる場合、毎月の返済額の差額は4,259円となります。
この差額を35年間考慮すると、総額では約179万円になります。
この179万円を団信の特約に使うことも一つの選択肢ですが、iDeCo(個人型確定拠出年金)などの金融商品に投資して運用することも考えられます。
さらに、死亡保険、医療保険、がん保険などの保険商品に加入し、30歳から65歳まで保険料を支払えば終身保障を得ることも選択肢として考えられます。